相続の難しい課題
「信託」が解決します。

「信託」に精通している税理士は現在、全国的にも数が少ないと言われています。「信託」は節税目的の制度ではありません。そのため、税理士の報酬になりにくく、積極的に取り組む税理士が少ないことも理由ですが、信託制度が私達の暮らしの中で柔軟に活用されるようになった「信託法改正」から10年を経過したばかりで、実務事例が少なく、世間へ制度の浸透が不十分なことが主因です。一方で「信託」は、現代社会が直面する「資産承継」「事業承継」における困難な課題に対し、最も有効な制度として今後ますますニーズが高まってきます。そのニーズに応えるべく、私たちは「信託」のプロフェッショナルとして、地域のみな様に貢献していきます。

代表 北澤達夫

事業承継

会社経営者が抑えるべき相続のポイントは3点です。経営者が突然死亡した場合の相続は、かなり混乱を招くことになります。スムーズな相続、事業承継は生前の準備が大切です。具体的には…

役員報酬と退職金の設計

私たちは経営者一族の報酬体系の設計を特に得意としています。役員報酬、役員退職金の制度設計は、労務だけでなく税務との関係性が非常に強く、労務と税務の両方の専門的知識がないと…